×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

インターネットやメールは毎日のように使いますが,派遣社員の立場からいってみてもやっぱり”コンピュータは出来た方がいい!”です。エクセル、ワードは今の時代どこへいってもある程度使えることが大前提ですが、どのソフトをどの程度使えるか?で派遣社員の時給もかなり変わってきます。プレゼンの企画書作成でよく使われるパワーポイント、アクセス、ファイルメーカーもひととおり使えるようになっておくといいでしょう。あとSAPを使う機会があれば進んで勉強しておくといいと思います。



エクセルだけでも”文字入力”だけだと時給も安いところで”1000円前後〜1500円”。ところが
”マクロを組める””ピボットテーブル”使えるくらいになり、これに派遣先企業が”外資系””TOEIC”を持っている”同種の仕事の経験あり”等々がプラスされると時給も上がり1700円代も可能になってきます。そうです。時給が違うだけで



1日8時間働いて
時給1100円 x 8=8800円
時給1700円 x 8=13500円
 すでに1日だけで
4700円違うんです!!



1ヶ月を22日働いたとして
時給1100円  8800円 x 22 = 193,600円
時給1700円 13500円 x 22 = 297,000円


そうです。1ヶ月で10万以上変わってくるのですよ!小さな節約も大事だけど、キャリアのステップアップは本当に大事なんですよ!

ホームに戻る

ホームに戻る


 

コンピュータはやっぱり出来た方がいい